高齢者の熱中症対策
8月も後半ですが、まだまだ蒸し暑い日が続いております。
熱中症は、室内でも多く発生しています。夜も注意が必要です。
また、熱中症患者のおよそ半数は高齢者(65歳以上)です。
高齢者は以下の理由から熱中症にかかりやすいので、引き続きご注意ください。

‖瞭發凌緤が不足しがち
⊇襪気笋里匹粒蕕に対する感覚が低下
B里貿がたまりやすい

熱中症の予防には、水分補給と暑さを避けることが大切です。
次のような予防を心がけましょう。

,海泙瓩某緤補給する。
部屋の温度を測定する。
I屋の風通しをよくする。
ぅ┘▲灰鵝扇風機を上手に利用する。
ソ襪い箸は無理をしない。
Χ杁淹の連絡先を確認する。
Д轡礇錙爾筌織ルで体を冷やす
┳綾仍は日傘や帽子を使用する。
涼しい場所・施設を利用する。

・環境省「熱中症〜思い当たることはありませんか?〜」を参考に東京海上日動ベターライフサービスで作成

環境省熱中症予防サイトはこちら
(2017.8.15)