高齢者の熱中症対策
熱中症患者のおよそ半数は高齢者(65歳以上)です。
熱中症は日中の炎天下だけでなく、室内でも夜でも多く発生しています。家族や周りにいる人たちも、日ごろから高齢者に積極的に声を掛けてください。

高齢者が熱中症にかかりやすい理由

体内の水分量が若者に比べると少ないため、脱水症状に陥りやすい。
暑さやのどの渇きに対する感覚が低下して、体が出しているSOS信号に気づきにくい。
暑さに対する体温調整機能が低下している。
暑さを我慢するなどつい無理をしたり、自分の生活スタイルを変えない傾向がある。

次のような予防を心がけましょう。

【室内】
こまめに水分補給する。
部屋の温度を測定する。
部屋にこもりっきりにならず、一日一回は外に出て暑さに慣れる。
エアコンを上手に活用し、暑さを和らげる。
部屋の風通しをよくする。
涼しい服装ですごす。
すだれやカーテンで日差しをさえぎる。

【外出時】
外出時はなるべく日陰を歩いたり、日傘や帽子を使用する。
「熱中症予防情報」を参考にして、危険度が高い時は外出を控える。
涼しい場所・施設を利用する。
暑いときは無理をしない。
飲み物を持ち歩いてこまめに飲む。
緊急時・困ったときの連絡先を携帯する。

※環境省「熱中症予防 声かけプロジェクト」のホームページはこちら
(2019.7.15)