「新型コロナウイルス感染症」高齢者として気をつけたいポイント
日本老年医学会では、「新型コロナウイルス感染症」に関して、高齢者として気をつけたいポイントを作成し、フレイル(虚弱)の予防を促しています。

新型コロナウイルス感染症は、高齢者や基礎疾患がある方は重症化しやすいことが明らかになっています。
感染予防のために、人が多く集まる場所を避けることなどが言われており、家に閉じこもりがちになりますが、高齢者にとっては合わせて「動かないこと(生活不活発)」による健康への影響が危惧されます。

「生活不活発」により、フレイルが進み、心身や脳の機能が低下していきます。
動かない時間を減らし、自宅でもできるちょっとした運動でフレイルを予防しましょう。

日本老年医学会では、先の見えない自粛生活でのフレイル予防について、一般向けにポイントをまとめています。

フレイル予防のポイントはこちらに掲載されていますので、是非ご覧いただき、フレイルを予防し、抵抗力を下げないようにしましょう。

出典:一般社団法人 日本老年医学会ホームページ
(2020.6.15)