11月11日は「介護の日」です
毎年11月11日は、“介護についての理解と認識を深め、介護サービス利用者及びその家族、介護従事者等を支援するとともに、これらの人たちを取り巻く地域社会における支え合いや交流を促進する観点から、高齢者や障害者等に対する介護に関し、国民への啓発を重点的に実施する日”として平成20年に厚生労働省が定めました。

「いい日、いい日、毎日、あったか介護ありがとう」を念頭に、「いい日、いい日」にかけた、覚えやすく、親しみやすい語呂合わせとなっています。

例年、「介護の日」前後の週末を中心に、全国各地の自治体や関係団体が主催で、タレントや各著名人のトークショー、介護に関する機器や用具の展示、介護福祉体験コーナーなどさまざまなイベントが開催されています。

今年はコロナウィルス感染防止の観点からイベントの実施が難しく、中止になっているものが多いですが、一部オンラインで開催するイベントやフェアもあります。

高齢化などにより介護が必要な方々が増加している一方、介護にまつわる課題は多様化しています。こうした中、多くの方々に介護を身近なものとしてとらえていただくとともに、それぞれの立場で介護を考えてみてはいかがでしょうか。


出典:厚生労働省 介護の日・福祉人材確保重点実施期間 こちら
(2020.10.15)