高齢者の事故を防ぐために
餅による窒息 〜死亡事故の4割が1月に、2割が正月三が日に発生〜

事故を防ぐためのポイント
餅は小さく切って、食べやすい大きさにしましょう。
お茶や汁物などを飲み、喉を潤してから食べましょう。(ただし、よく噛まないうちにお茶などで流し込むのは危険です。)
一口の量は無理なく食べられる量にしましょう。
ゆっくりとよく噛んでから飲み込むようにしましょう。
高齢者が餅を食べる際は、周りの方も食事の様子に注意を払い、見守りましょう。

食べる方も側にいる方(見守る方)も、「餅による窒息事故を防ぐポイント」等を良く
理解して、事故を防ぎましょう。

また見守る方が、いざという時のために応急処置の方法を知っておくことが大切です。応急処置については東京消防庁HPをご参照ください。
東京消防庁HP


入浴中の溺水 〜自宅の浴槽内での死者数は交通事故の約2倍!〜

事故を防ぐためのポイント
‘浴前に脱衣所や浴室を暖めましょう。
➁湯温は41度以下、湯につかる時間は10分までを目安にしましょう。
M畫紊ら急に立ち上がらないようにしましょう。
た後すぐの入浴や、飲酒後、医薬品服用後の入浴は避けましょう。
テ浴する前に同居者に一声掛けて、意識してもらいましょう。
ε魏垢簓屋間の温度差、入浴時間など普段意識しにくい部分について、温度計やタイマーを活用して見える化するようにしましょう。

出典
消費者庁HP
(2023.12.15)
 

 

当社はお客様のプライバシーを大切にしております。
本ウェブサイトでは、Cookie(クッキー)を使用しております。
Cookie にはウェブサイトの機能不可欠なものと、その他に以下の目的で使用されているものが存在します。

・ウェブサイト改善のための閲覧状況の統計的な把握
・お客様のご興味・ご関心に応じてパーソナライズされたコンテンツ
 および広告の表示・配信、ならびにサービス等のご案内

詳しくは、クッキーポリシーをご覧ください