仕事の内容は、居宅介護支援事業所における仕事と施設における仕事に大きく分けられます。
ケアマネジャーの多くは居宅介護支援事業所に所属していますので、ここでは在宅における仕事内容を記載します。

ケアマネジャーは、要介護者・要支援者からの相談・状況等に応じ、以下のサービスを提供します。
1人のケアマネジャーが担当できる利用者の目安は35人までです。

1.居宅サービス計画(ケアプラン)の作成
要介護者・要支援者が介護保険の在宅サービスや地域の介護保険外のサービスを適切に利用することができるように、ご本人の心身の状況や置かれている環境、ご本人やご家族の希望等を勘案して、利用する在宅サービス等の種類や内容、担当者等を定めた計画書を作成します。

2.居宅サービス事業者との連絡調整等
居宅サービス計画に基づく在宅サービス等が提供できるよう、居宅サービス事業者や医療機関との連絡調整等を行い連携します。

※施設における仕事の内容は、以下の通りです。
施設に入所している利用者の施設サービス計画書(ケアプラン)を作成します。
ケアマネジャーの配置基準は、入所定員100名あたり1名です。また、施設内で他の業務を兼務している場合もあります。

 医師、歯科医師、薬剤師、保健師、看護師、社会福祉士、介護福祉士、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)等をはじめとする保健・医療・福祉サービスの従事者のうち、一定の実務経験があり、試験に合格する必要があります。